一人っ子でも兄弟ができる

 
カトリック幼稚園でよかったなと思うのは何事か行事の度に思います。「お手伝いに来れる方は」との声かけだけで、たくさんのお母さん達が来てくれる事。多くの行事にたくさんのお母さん達が参加されることで、園の子どもたちと保護者の関係が身近になっていき、新しい和ができています。子どもたちのほうからよそのお母さんに歩み寄っていく光景は本当にすばらしいものがあると思います。
少人数なので、年長さんのみでなく園児全員がいろいろ経験できる事がステキ。その上、年長さんと年少さんの関係が上手にできています。兄弟のいない子どもでもお兄さんができたり、弟ができたり、思いやりを体で身につけられると思います。



空っぽのお弁当箱

 
私も1年前「ようちえんだ〜いすき」に来ていました。どこに行ってもお友達とトラブルを起こす我が子に、外出も苦痛になっていた頃、お友達とおもちゃの取り合いになり「また今日も…」と落ち込んでいる私に先生が「今まで自分だけの世界だったのが、お友達に興味を持ってきた証拠ですよ!」とその一言に安心と感心したのを思いだします。
年少々で入園を決めましたがオムツもとれず、言葉も遅い為、本当にこれでいいのか?と悩みました。いざ入園してみると、親の心配をよそに、毎日園に行くのを楽しみにし、「今日幼稚園?」と聞くのは毎日の日課です。心配していたオムツや言葉も、親がカリカリなってするよりも、お友達と一緒に成長する姿には、ビックリさせられます。 苦手な野菜もお弁当に入れるとちゃんと食べてくれて「弁当食べたよ!」と空っぽのお弁当箱を見るのがこんなにうれしい事とは思いませんでした。



育児放棄のお手伝いはしません

 
私と主人が入園を決めたのは、入園説明会での先生の言葉でした。
「私達は育児のお手伝いはしますが、育児放棄のお手伝いはしません」
確かに他の園に比べれば、お弁当の日もあったり、延長保育が1時間につき100円と、 今のお母さん方のニーズにあったものではないかもしれません。
でも園に通うほんの数年子どもと向き合って一生懸命になってみることもいいのではないでしょうか。
うちの子どもはアレルギーがあって食べられないものが色々とあります。最初はそういう理由で、単純に「お弁当を食べさせたい」と思い、入園説明会に参加しましたが、先生のお話を聞いて「ここだ」と即決しました。ここなら本当に子どもを大切に保育してくれると思いました。
子どもは最初の頃は毎日泣いていましたが、優しい先生方や子ども達(カトリックのいいところのひとつに縦割り保育があります。このおかげで年齢に関係なく皆本当に仲良く遊んでいます)に囲まれて今ではとても楽しく毎日を過ごしています。
入園させて、子どもの為によかったと思うことはここでは書ききれないほどたくさんあります。 そして子どもの為でなく、私もこの幼稚園に関わることによって、今まで育児に対して自分自身を追い詰めていたところが、 楽になってきて、自分の子どもに限らず、よそのお子さんと関わることも楽しめるようになってきました。
カトリック幼稚園に少しでも興味をもたれた方、ぜひ遊びに来てほしいです。一度と言わず、何度でも。
どのお母さん方も「この人先生かな?」と思ってしまうほど、園のことに精通していますし(笑)、子ども達もとっても素直で子どもらしくて未就園児の子ども達と遊ぶのがとっても上手ですよ。
先生方も優しいし、子ども達と遊ぶことも、保護者と話すことも、一生懸命にして下さいます。(←うちの子どものアレルギーにもいつも細かく気を配って下さり、本当に頭が下がります)
一人でも多くの方に遊びに来てほしいと思っています。



たくさんの栄養を頂き心を肥やしてます

 
我が子がカトリック幼稚園にお世話になってから、私も幼稚園や父母の方達と係わりをもつようになり、 今も沢山の発見をし、いろいろ学んでいます。 その発見の一つに、全園児がクラス関係なく仲の良い事にびっくりしたことです。 弟や妹のように思いやる気持ち、兄や姉のように敬う気持ちがあり、素直で大らか、まるで家族のようです。 そこで私が学んだ事、それは我が子だけでなく余所のお子さんも愛くるしいと思え、可愛がれる心をもてたという事です。
世間では幼児を巻き込んだ事件や少年犯罪など、被害者も加害者も低年齢化していることは悲しい事に現実です。 純粋無垢な子どもの命を無残にも奪ってしまう大人、激怒してキレてしまい人の命を危めてしまう少年。 どちらにも共通して言える事は「心」の問題ではないでしょうか。 幼児期に「心」の教育をどれだけ受け、学んだかで精神力が養われ、人格ができてくるのだと思うのです。
心がしっかりしていれば加害者になる事はなくなり、被害者も増える事はないと思います。
その「心」を教育方針としているこの幼稚園はこじんまりしてけっして大きくありませんが、子ども達の心は最大です。
私も我が子もたくさんの栄養を頂き、心を肥やしてます。



保護者の安心

 
幼稚園が狭いのは園児がどんなに遠くに行っても目が届くので保護者側としても安心がある。
保護者同士がわけへだてなく声をかけ合い、うちとけやすい。それを子ども達が見ているせいか、 子ども達も年上、下に関係なく仲良くしている。
先生方が自分のクラスの子だけでなく全ての園児の名前等を把握されている。



学ぶべきもの

 
外から見ただけでは、何の取りえもなさそうな幼稚園ですが、私はここに我が子を入園させ、 子どもを通してとても大切なものを学びました。
たとえば、いじめで追いつめられた時、重い病気と向き合わなければならない時、お金があっても、 物があっても、成績が良くても、何の支えにもなりませんよね。人を支える事が出来るのは、 周りの人々の想い寄りそう心であり、本人の強い心、人を許す心だと思うのです。
その心を子ども達は日々の園生活の中で無意識のうちに学んでいる様です。 長女は小学校に入り、ひどいいじめに合いましたが、逃げずに正面から向き合って、 周りの皆さんに支えられて、キチンと解決する事が出来ました。
幼児期に心の教育の基礎を築いていただいた事は、子ども達にとって一生の宝物になりそうです。



自 身

 
子どもが小学生になって改めて思った事ですが、カトリックの子ども達は、みんなが代表になる様、 各行事にまんべんなく配慮されているので、みんな自信に満ち、小学生になってもその自信が活かされ、 みんなの前に立っても堂々と出来る子に育っています。 そういう我が子の姿をみると「ああ、この幼稚園で良かったな。」とづくづく思います。
主人も同じ事を思っていた様で、嬉しかったです。



心の「わ」

 

カトリックに入園できたおかげで、園を通して・子どもを通して様々な面から、親として、人として、成長させられる日々です!
私は教会の信者ではありませんが…「お祈りは…まさに心の情操教育の一環である」と思っております。
まだ知らない皆さ〜〜〜ん!素敵な言葉の数々ですヨ〜〜〜
それを「根」に…カトリック幼稚園は、園児たちの心の「和(なごみ)」の場でもあり…園行事を通して父母たちに、今さらながら気付かせてくれる心の平「和(わ)」でもあり…
だからこそ、そこにいる人達みんなが、それぞれの事情を理解し、一人一人今の自分に出来る分だけ協力しよーーっ!

それがカトリック幼稚園の「和(わ)」or「輪(わ)」になっていると、感じております。
まだ出逢っていない、たくさんの父母の方、お子さんたちにも一緒に、楽しい時間を過ごせる日々が訪れるといいですネ…




温かい

 
少人数ですが、先生方、保護者の方々など、とても温かいです。縦割り保育のおかげが、 お兄さんお姉さんもとても可愛がってくれて嬉しいです。 (一番小さい組なので…)よくお世話してもらってます。個人のペースに合わせて保育して頂けるのも有り難いです。 駐車場が広いのも助かります!!



いい所とそうじゃない所

 
いい所も、また逆の所もいろいろあります。いろんな幼稚園を廻った親としてですが、何回か通ってもらえれば、 そういう所は必ず目につきます。お弁当が面倒というのなら、その時間にカトリックや他の幼稚園に行ってみるのもオススメです。 どこにしようか迷っているのなら、いろんな幼稚園に廻って、比べてみてください。
いい所をたくさん書きたいところですが、今回は何も書かない事にしました。自分の子どもが通っている幼稚園が悪いという親はほとんどいないと思います。 ここで、いい所ばかりを書いてみても、初めてそれを見る人には嘘っぽく見えると思うし、自分が去年それを見て、ちょっと考えてしまったから、 それはやめておきます。
迷っているお母さん達はぜひこちらへ足を運んで、保護者の声、子どもの様子を見てください。



ベテラン先生

 
カトリックの魅力といえばやはりベテランの先生方に安心してお預けできる事だと思います。 そしてお母さん達がとても仲がよくてトラブルがない事がなによりと思います。
子どもも親も園に来るのが楽しい幼稚園は他にないのでは…



カトリック幼稚園のよいところ

 

1.少人数なので、先生方の目が行き届いている!!
園庭がせまいからではなく、先生方はとても熱心に広い心で、子ども達をよくみてくれますよ。 そして、本当に楽しそうに子ども達と一緒に遊んで下さいます。私は、唐津にある幼稚園を全部みてまわりましたが、カトリック幼稚園の先生方が一番!!活き活きとされていましたね。その先生方の姿に感動して入園を決めました。

2.お母さん達同士の仲がいい!!
自分の子どもだけではなく、他の子ども達にも同じようにやさしく接して下さるお母さん達〜悩みがあれば話をきいてくれるお母さん達〜 とても居心地がいいんですよ。お母さん達もみんないい顔してて、活き活きとされてますね!




カトリック幼稚園へ入園させて良かったと思う点

 

最初は園の子ども達の輪の中に入っていけるか心配していましたが、園のお友達が優しく接してくれたおかげで、今では、元気に活発に遊べるようになったようです。
カトリック幼稚園は、子どもの数が少ない分みんなに目が行き届き、幼稚園での子どもの様子がすぐ親に伝わるという事。
カトリック幼稚園の行事を先生方だけでなく、子どもと親とみんなで協力し合える事。

幼稚園は子どもが成長する時に必要なことを学ぶ所だと思いますが、カトリック幼稚園はそれだけじゃなく人として一人の人間として子どもも親も大事なことを学び成長して行ける所だと思います。




“息子の第一歩”の巻

 
入園の願書をもらいに幼稚園に行った時、先生から今度入園する子ども達が卒園するまでの間に園がなくなるかもしれない、途中で園を変わる事になるかもしれないと言われ悩みました。というより話を聞いて、他の園にしようと決めました。 息子は内気で近所に子どももいないのでお友達と遊ぶ事も少なく、途中で変わるより最初から同じ幼稚園の方がずっといいはずです。自宅から歩いて数分のところに3つも幼稚園があったので、そのうちのどこかに入園させるつもりでした。
どこにしようかと決めかねていたある日、家で息子が遊んでいるのをボーっと見ていたら息子がにっこり笑って私の方を見ました。私も笑い返しましたが、その時、はっとしました。誰にとっても我が子はもちろんかわいいですよね。私にとってもにっこり笑っている息子は宝物です。 この宝物がこれから学校に通い社会に出て行きます。いろんな人と出会うでしょう。いろんな事があるでしょう。幼稚園というのは社会と関わる第一歩です。その第一歩というのは息子にとってすごく大事な場所なんだと思いました。
私はどこの園にしようかと決めている時、お弁当や制服の有無・家からの距離・園児数が多ければ役員とか面倒な事しないですむかなあとか…私の都合だけで選んでました。初めてのお友達、初めての先生、初めての幼稚園…社会への第一歩がこれから先の人生を歩んでいくうえでどんなに大切な事かと改めて考える事にしました。名前を考えた時のように真剣に考えました。そしてやっぱりカトリック幼稚園が息子にとって一番いいと判断しました。
今、息子は年長です。毎日元気一杯園中をかけ回ってます。お友達とも仲良く遊んでます。去年までは年上のお兄さん、お姉さん達にかわいがってもらってました。 今では自分がしてもらっていたように年下のお友達にやさしくしてあげられます。出来ない事を頑張って練習します。 お友達や先生がやさしく見守って下さり、心から応援してくれるからです。だから息子は幼稚園が大好きなんです。
私もたくさんのお友達が出来ました。いろんな事を助け合うお母さん達です。 悩み事があって育児書を何冊読んでも解決しなかった事をみんなの"大丈夫よ"のひと言が解決してくれ、心まで軽くしてくれました。
息子にとって一番いいと思った場所は私にとっても一番いい場所でした。もちろん他の園に行っても楽しかったと思いますが、 その事を想像出来ない程、今が楽しく、あの時、子どもの事だけを考えて選んで良かったと思います。



安心しておまかせ

 
カトリック幼稚園、少人数だし雰囲気いいし、いい所だなあ。でも…。私も最初、悩みました。
毎日喜んで通う娘の姿を見て、今は、カトリック幼稚園にしてよかったと思っています。 泣き虫で、甘えん坊で、お母さんのひざから離れることのできなかった娘が、一週間で泣かずに通えるようになりました。それは、きっと、お友達がやさしいこと、先生方が一人ひとりを大切に思いじっくりかかわってくださること、そして何より私自身が安心して娘を幼稚園におまかせできているからだと思います。
新しいお友達、娘といっしょにお待ちしています!



素敵な経験

 
狭くて小ぢんまりした建物ですが、その分園児達に目が行き届きます。古いのも何だか落ち付いて居心地がいいものです。
入園して楽しいのは園児だけではありません。保護者みんなが仲良しで、園に行ってお母様方や先生方と話をするとストレス発散になります。
私には未就園児の娘がいますが役に立たないとは思いつつ役員を引き受けました。たくさんの保護者に助けられながら楽しく務めることが出来ました。
あまりにも楽しくて3月の卒園式では園児である娘が卒園しないにもかかわらず泣いてしまいました。
こんな素敵な経験をたくさんの人に味わってもらいたいです。



損をしている気分!?

 
小さな幼稚園ですので、一人一人に先生の目がとどき、保護者の目にも園児たちに届いていますので、安心して子どもをあずける事ができています。安心できる幼稚園で育った子どもたちは、本当に心の優しい、しっかりとした子どもに成長することが出来ています。そして親も子どもと一緒に成長することができ、楽しめる幼稚園です。子どもをあずけっぱなしにるすと親が損をしている気分になるくらい、園に来るのが楽しくなるはずですよ!!



幼稚園が好きになった

 
2歳3ヶ月から子どもをあずかっていただいて、ありがとうございます。先生方がよく面倒を見てくださり、子どもも幼稚園が大好きになりました。「行きたくない」と一度も言うことがありません。



行きたくないと言っていた子どもが

 
幼稚園に行きたくないといっていた子どもが、初めて登園して先生たちとお話したり、遊んでもらえて幼稚園が大好きになりました。



あいさつ

 
幼稚園に出向いた時に「○○ちゃんのお母さん!こんにちは!」とあいさつをしてくれます。少人数の幼稚園だからこそ子どもたちがどこのお母さんなのかきちんと覚えています。



なつかしい遊び

 
子どもがどこまで1人でできるのか不安でしたが、1年が過ぎていろんな事ができるよになり成長したと感激しました。なつかしい遊びなどを幼稚園で教えてもらい家でもよく見せてくれます。



心の教育

 
幼稚園に入る時にいろんなところを見てまわりました。カトリック幼稚園は、少人数で心の教育が行き届いているので入園を決めました。



お弁当作りの喜び

 
お弁当作りはちょっと…と苦手な私でしたが、子どもの食べる量を知っている母親が、食べられる量や好みを考えて作ったお弁当をみんなと一緒の雰囲気の中で食べる事で、「食べられるようになった」とうれしそうに話してくれます。その子どもの言葉が私の喜びになります。子どもの目線で子どもの気持ちになってお話をしてもらって、あーそうなのかと気づかされる事も多く、先生方の思いやりや励ましでどれだけ助けられたかわかりません。



自閉症の我が子

 
私の子どもは、弱度の自閉症です。しかし、そういった障害を持つ子どもを心から受け入れて、子どもの立場になり考え、心から優しく接してくださる先生方や差別の目や心を持たない子どもたちの、私の子どもに対する優しい接し方やそのお母様方に対し毎日が感謝の気持ちでいっぱいです。障害者に対する差別のない優しい心、食べ物や物を大切にする心年下の子どもに対する優しい心(縦割り教育)。人間としての土台(道徳心)をつくるのに、カトリック幼稚園はもっとも適した幼稚園だと思います。



子育て悩み相談

 
実家が鹿児島で、さみしく感じたり、子育ての大変さからつらい時もありましたが、 子どもがカトリック幼稚園に通ってからは、お母さん同志の友達も増えて、楽しいことがたくさんあります。子育ての悩みも先生方に相談することで解消され、子どものいいところをたくさん教えてもらい誉めることができ、子どもとのかかわり方も上手になったと思います。



おむつのこと

 
子どものおむつを外すのが大変だったけど、幼稚園に通いはじめて1週間できれいに外れました。



お願いしやすい

 
延長保育を頼む時に、先生たちが快く引き受けてくださるのでお願いしやすいです。



子どもの自主性

 
子どもに自主性がでて、もって行くものを自分で準備するようになりました。



たくさんの“いっぱい”

 
私の家の近くにある小ぢんまりした幼稚園…私はそのカトリック幼稚園で私の二人の子どもを6年間にわたってお世話になりました。お世辞にも広いとは言えない園庭と限られた遊具、初めは親の目にはそう映るかもしれませんが、果たして子ども達にはそうなのでしょうか。 私は近いのを幸いに子どもの遊ぶ姿を木々の隙間から覗き見によく園までやって来たものでしたが、実に生き生きと楽しそうに遊ぶ子どもの姿でいつもいっぱいでした。 決して遊びに飽きることはないし、子ども達にとって広さや遊具の数なんて何の関係もないのがすぐにわかりました。
この園には、たくさんの“いっぱい”があります。
いっぱいのきれいな花。いっぱいの先生方手作りの遊具や絵。いっぱいの歌声と笑顔。なかでも私は五月のマリア祭の頃に園から聞こえてくる“マリア様のこころ”という歌が大好きで、マリア様の白ゆりの様な青空の様な心で、自分自身も子ども達をつつんであげられているのかなあって問いかけてみたりしたこともありました。
そしていっぱいの愛…ウィットに富んだいたずら好きの少年のような神父様、子ども達と一緒に園庭を駆けまわって遊んでくださる先生方、そしてイエズス様、マリア様が、いつもいっぱいの愛で子ども達一人一人を、そして私達、親をもつつみこんでくださっています。上の子が卒園して8年が過ぎましたが、神様からの愛を感じながら、他の人への感謝の気持ち、許しの気持ちを忘れずに毎日を過ごしてほしいと願っています。


 
入園後、自分の子どもが他の子ども達と仲良くやっていけるのか
とても心配です。

子どもは色々な事を経験することで成長していきます。お友達と過ごす楽しさを知り、時には思いが通らずトラブルにもなるでしょう。ケンカの痛みや、許された時の喜びなどを体験し、仲良しになっていくのです。



唐津カトリック幼稚園では、子ども達の「心の教育」を大切にされていると聞きましたが、具体的にはどういった事をされているのですか?

 具体的には以下の様な事をしています。

★唐津カトリック幼稚園では祈りを通して神に感謝します。
(病気で欠席している子への祈り、社会情勢・自然災害へも目を向けています)
★職員の和を大切にして子ども達への手本となるようにしています。
★当然のことながら、挨拶・ありがとう・ごめんなさいなどが言えるように
 ひとりひとりに目を向けています。
★年長さんは園外の清掃(ごみ・缶拾い)に出掛け、地域との繋がりを深めています。
★神さまの話や道徳的な話を聞くことで自然に思いやりの心が育ちます。
★縦割り活動をする中で異年齢児が交じりあい、小さいお友達へのいたわりの
 心が育ちます。
★動植物を全園児で可愛がり、育てています。
★その子どもにあった声掛けをし、頑張る心・強い心・感謝の心を持って大人も
 子どもも笑顔で毎日過ごせるよう心掛けています。



主人の転勤でこちらに引っ越して来たばかりで知り合いもいません。他のお母さん方と仲良くなれるか不安です。

職員の目から見ても行事等の参加にお母様方がとても協力的で仲良く楽しそうです。沢山の方との挨拶がこの園では飛び交っています。職員室でもお母様方の相談に応じていますので、どうぞお気軽に足をお運び下さい。



少人数の園から小学校に行っても大丈夫ですか?

家庭的な園だからこそひとりひとりの心の成長を共に見守ることができています。豊かさや真の心の強さは、入学後丈夫な花を咲かすでしょう。



うちの子は今、おむつなんですけど…

おむつのとれる時期は個人差がありますが、幼稚園ではお友達の刺激を受け割合早く取れるものです。園と家庭が協力し合っていきましょう。ご安心下さい。



入園する為にはカトリックの信者にならなければなりませんか?

ご家庭の宗教に関係なくどなたでもご入園いただけます。宗教の強制は一切ありません。



幼稚園バスはありますか?

あります。毎年対象園児によってコースが変わります。詳細は幼稚園にお尋ね下さい。



共働きで子どもを迎えに行くのが遅くなりますが…

19時まで、預かり保育制度を取り入れております。1時間100円で、準備するものはお着替えです。月預かり制度があります。



用事や特別なことがないと延長保育の利用はだまですか?

そのようなことはありません。降園してからはお友達と遊べない子同士が利用しています。またお母さんがリフレッシュして頂くことは子育ての中でとても大切なことです。そのお手伝いができれば嬉しく思います。



長期休業中(春・夏・冬休み)の預かり保育はありますか?

あります。長期休業中も1時間100円で預かり保育を行っております。ただし、職員研修日、休日は除きます。月預かり制度があります。



昼食はお弁当ですか?給食ですか?

月・水・金曜日は、当園で厨房で作る自園給食です。アレルギーは各自に合わせて対応致したいと思います。火曜日は、親子で握るおにぎりの日。
木曜日は、お弁当の日です。食事は教育です。愛情たっぷりの食事で心豊かなお子様に育てるお手伝いをしたいと思います。



好き嫌いが多くて困っています。

お友達と一緒に昼食を食べることで刺激を受け、頑張ろうと言う気持ちが出てくるでしょうし、少しずつ克服して食べられた時の喜びを教師と共に分かち合えたらと思います。


入園するにあたって、一式いくらくらいかかりますか?

制服代(冬服・夏服合わせて)約27,000円、教材費は年齢によって異なりますが、平均すれば約8,500円くらいです。卒園生のお下がり等でよろしければ、転勤族の方など園より貸し出しもございます。ご相談下さい。



入園する際、体操服袋など、準備するものはありますか?

準備するものは、絵本袋、体操袋、上靴袋、ナプキン、お弁当袋、コップ袋などです。



その用品は手作りでないといけませんか?

既製のものでも構いませんが、お母さんの手作りは子どもがとても喜びます。裁縫が苦手な方のため在園お母様方が手作り会を開き、一緒に楽しみながら準備をすることもできますよ。



入園を希望しますが、園費が心配です。補助金制度はありますか?

保育料は、市町村民税所得割課税額によって金額は異なります。
初めから、各自の課税額によって市役所の査定表に基づきますので、各自にあった保育料で、通園することが出来ます。


 
大切にしていること入園のご案内園のいちにち・年間行事子育て支援保護者の声・Q&Aアクセス・お問い合わせ
唐津カトリック幼稚園
〒847-0842 佐賀県唐津市山下町1201-1
TEL 0955-72-2755